« SONY VAIO PCV-V11B/B修理中 | トップページ | Microsoftの凋落が始まった? »

2009年7月14日 (火)

BIOSのアップデートに失敗したら

パソコンのトラブルでソフトウェアが原因のものであれば、最悪システムの再セットアップ(リカバリ)で何とでもなる。しかしBIOSの扱いとなると話は別である。慎重にも慎重を期さなければならないのだが、よりによって自分のパソコンで致命的なミスをおかしてしまった。

VistaをインストールしているShuttleのCubeマシン、ひさびさにメーカーのサイトを眺めていたらつい先ごろ新しいBIOSがリリースされていることに気づいた。パソコンの挙動に特別問題がないのであれば、(特に初心者には)BIOSのアップデートは必須ではないのだが、こういう仕事をしているとついつい新しいドライバやユーティリティは試してみたくなる。

BIOSの更新といえば、かつてはフロッピーからDOSで起動してコマンドをたたくというのが定石であったが、最近はOS(Windows)からBIOSの更新が可能なツールもよく利用されている。BIOSとは、そもそもOSより下部、土台にあたる部分でパソコンの基本的な制御を行うプログラムなので、OS側からBIOSの更新をかけるというのは若干の不安があるのだが、今まで何度か試してきて特に問題は起こらなかったので、今回もまた大丈夫だろうと思ったわけである。

というわけで専用ツール(Winflash)とBIOSのアップデートプログラムをダウンロードして早速更新作業を始めた。更新のプロセスがインジケータで表示されるのだが、途中でそれが止まってしまったのである。ハードディスクのアクセスランプが点灯したまま、まったく動く様子が無い。やばいっ!と思ったがもう後のまつり。マウスもキーボードも反応していない。

しばらく待ってみたがどうにもならないので、泣く泣くパソコンのリセットボタンを押してみた・・・が、やはりというか起動しない。初期画面(メーカーのロゴ)が表示されないのでまったく手のうち用が無いのだ。後で気づいたのだが、専用ツール(Winflash)はXPまでしか対応していなかったのである。こんなところでVistaの呪縛につかまろうとは。

この状況を一般的には「BIOSがとんだ」と言って基本的には手の施しようがない。CMOS電池を外してしばらく放電してみるとか、専門の業者にROMの書き換えを依頼するなどの手がないわけではないが、100%直るという保証はない。

しかし、藁をもつかむ想いでネットで検索してみたらあるところにはあるものだ。

BIOSアップデート失敗時の復活方法

結局、BIOSプログラムもいくつかのブロックに分かれているので、BIOSがとんだように見えても起動に関連するブロックが生きていればなんとかなるということらしい。実際このとおりにやってみたら見事に復活したわけである。おかげでこのブログを書けたというわけだ。

« SONY VAIO PCV-V11B/B修理中 | トップページ | Microsoftの凋落が始まった? »

トラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120401/45632745

この記事へのトラックバック一覧です: BIOSのアップデートに失敗したら:

» (7)BIOSを更新したところで、パソコンが動かなくなりました。 [ロードバイク買っちゃいました悠々バイシクルライド]
再インストールしたばかりなのに、 フリーズすることが起きる? 記録したID、PWDの記録が消える? [続きを読む]

« SONY VAIO PCV-V11B/B修理中 | トップページ | Microsoftの凋落が始まった? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ